So-net無料ブログ作成
Z900RSと1000km以上 ブログトップ
前の20件 | -

賣沼神社 [Z900RSと1000km以上]

八上比売を祀った神社。

DSC06413.jpg
DSC06399.jpg
駐車場に到着。

DSC06400.jpg
説明:
主祭神に八上姫だけを祀る全国でも珍しい神社。
縁結びのパワースポットとして人気。

P8040045.jpg
実は、近くの道の駅で似たような
説明があったので行ってみることに。

べ、別に縁結びに興味があったわけじゃないんだから。

DSC06401.jpg
由来:
「古事記」の伝えるところによると、出雲国の
大国主神は八上姫神をオキサキになさろうとして
この因幡国においでになりました。

途中、白兎の難を御救いになりまして、この白兎神の
仲介で八上姫神と首尾よく御結婚となりました。

DSC06406.jpg
とっても神秘的な鳥居。

DSC06409.jpg
本殿へ。

DSC06416.jpg
ご本尊様。

DSC06418.jpg
おみくじが近くに・・・
200円分購入。

DSC06424.jpg
だ、大吉。

DSC06427.jpg
病気 信心で平癒する。
腰が治ったー。

DSC06430.jpg
八上姫の効果は絶大っ!
と思いつつ見学完了。
nice!(26)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

井戸寺 [Z900RSと1000km以上]

GW、徳島に行った際に立ち寄った場所。

DSC04953.jpg
DSC04936.jpg
お遍路様のお寺なだけあって
駐車場完備。

DSC04945.jpg
山門。

DSC04950.jpg DSC04944.jpg

向かって右には仁王様、左にはわらじ。
お遍路さん用のわらじなんだろうな。

DSC04938.jpg
由来:
天武天皇白鳳二年(673年)御開基なり。
弘法大師様がこの地に逗留された際、当地方濁水なるを
憐れみ給ひ、大師みづから錫杖にて一夜の内に井戸を
掘った。その井戸から井戸寺となった。

DSC04955.jpg
こちらは本堂。ご祈祷を
「パンクしませんように!」

DSC04958.jpg
お寺さんらしくユリの花。

DSC04952.jpg
さらにポスターがっ!
四国遍路を世界遺産に

ええええー、それは違うだろう・・・・・と。

DSC04960.jpg
四国八十八ヵ所をバイクで巡るなら、後ろの
ダエグさんぐらい荷物が必要だろうな。
と思いつつ見学完了。
nice!(27)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

龍宮崖公園 [Z900RSと1000km以上]

GW、徳島に行った際に立ち寄った場所。

DSC05005.jpg
DSC05003.jpg
駐車。

DSC05007.jpg
今回のお目当てはこの橋。

DSC05018.jpg DSC05013.jpg

高いし、景色も良いのだけど

DSC05019.jpg
スケスケ度が足りない!

sukesuke.jpg
このくらスケスケだったらよかったのに・・・・
こんな人が同じアパートにすんでいたら
毎日シコ・・・・(以下自粛)。


DSC05009.jpg
一応、龍宮崖公園。

DSC05010.jpg

若水を蛇口に汲めど秘境なり



DSC05021.jpg
徳島のスケスケな秘境を体験し
見学完了。
nice!(29)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

恋人峠 [Z900RSと1000km以上]

GW、徳島に行った際に立ち寄った場所。

DSC04982.jpg
恋人峠にかかる恋人橋。

DSC04980.jpg
停められそうな場所に駐車。

DSC04984.jpg
ひび割れしているけど、織姫と彦星のレリーフ。

DSC04986.jpg
恋人大師堂。

DSC04988.jpg
恋人大師堂のご本尊様。
怖い気もするけどきっと恋愛成就。

DSC04990.jpg
お供え物。
何年前のだろう・・・・・

DSC04992.jpg
廉貞星宮殿。

DSC04995.jpg
由来:
かつて、ここ恋人峠は、草木が生い茂り
険しく往来に困難な場所でした。
ところが今では道も開け橋もかかり
難なく通行できるようになりました。
・難所の昔は悲恋の峠
・容易に訪れることのできる今は恋愛成就の峠
ラッキー7の町、穴吹では、恋人同士が結ばれる
ことを願い、ここ恋人峠にラッキースポット
「廉貞星宮殿」を建設します。

DSC04993.jpg
錠前と鍵が!

DSC04994.jpg
キティ・・・・・・・・

DSC04998.jpg
アンフィニ・ベル。
廉貞星宮殿で鍵をかけ二人で永遠の幸せを
誓いこの鐘を鳴らして欲しいとの事。
裏の崖崩れっぽいのは気にしない。

DSC04999.jpg
訪問のノート。
一番上の記載日は2008年5月4日。
今から11年前。平成19年か・・・・・

DSC05001.jpg
徳島の廃墟 ではなく恋人の聖地で
もしかしたら恋愛・・・・(いや、なんでもない)
と思いつつ見学完了。
nice!(31)  コメント(10) 
共通テーマ:バイク

加茂の大クス [Z900RSと1000km以上]

GW、徳島に行った際に立ち寄った場所。

DSC05026.jpg
DSC05025.jpg
駐車場に到着。

DSC05031.jpg
加茂の大クス:
国指定特別天然記念物。
"一樹、森成す三加茂大楠"と詠まれているとの事。
樹齢1000余年、樹高25m。

great_majinga.jpg
グレートマジンガーと同じ大きさ。

DSC05038.jpg
樹齢1000余年だけど葉っぱは全然若い。

DSC05036.jpg
枝ぶりもまだまだ現役。

DSC05034.jpg
大クスのご本尊様。

DSC05045.jpg
時間は17:00を過ぎていたけど、大クスの近くでは
ゲームやっていたり本を読んでいたり・・・・

確かに、こんな樹が近くにあったら"たむろす"だろうな。

DSC05048.jpg
これからもずっと地元の人達の憩いの場所として
元気に存在して欲しいなと思いつつ見学完了。
nice!(35)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

30000km突破 [Z900RSと1000km以上]

徳島遠征にて達成。

P5040122.jpg
30007kmにて撮影。

P5040124.jpg
駐輪場に到着。

P5040127.jpg
新名神高速道路、甲南PAにて達成。

P5040129.jpg P5040131.jpg

甲南PAは忍者の里。
と言っても、バイクはすでにNinjaじゃなかったり。

P5040134.jpg P5040136.jpg

タイヤの状態。
先月交換したばかりだけど。
あと3万kmはこのタイヤのままで・・・・無理か。

P5040133.jpg
4万kmに向けて、再び出発進行。
nice!(31)  コメント(10) 
共通テーマ:バイク

コインスナック御所24 [Z900RSと1000km以上]

千葉から約21時間。
ちょっとお腹が空いた・・・・

DSC04962.jpg
コインスナック御所24に到着。

DSC04964.jpg
四国らしく、うどん自販機。

DSC04966.jpg
カップヌードル自販機?と思いきや

DSC04977.jpg DSC04978.jpg

金ちゃんラーメン&やきそば。

DSC04965.jpg
でも、ここのハイライトはこれ。
笑福亭仁鶴さんのカレーライス自販機。

DSC04967.jpg
中辛は売り切れなので辛口を。

DSC04968.jpg
「3分間待つのだぞ」
でも、すぐ食べられると言う。

DSC04971.jpg
House 咖喱屋。
ボンカレーじゃないから3分待つ必要なかったのかな?

DSC04972.jpg DSC04974.jpg

完食ッ!
まさにハウスな味。

DSC04975.jpg
阿波市文化祭りのポスター。
すごい、超ローカル。
なにげに開演時間がマジックペンで修正されている・・・・

DSC04979.jpg
徳島=大塚製薬=ボンカレーじゃなかったけど
21時間ぶりの飯補給完了し見学完了。
nice!(32)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

氷室神社 [Z900RSと1000km以上]

2018年12月、奈良に行った際に立ち寄った場所。

DSC02850.jpg
DSC02846.jpg
駐車場に到着。

DSC02847.jpg
日本の氷室発祥之地。

DSC02849.jpg
説明(長いのでかなり簡略):
允恭天皇三年(414年)建立?
氷一切に関する守護神として祀っている。

DSC02851.jpg
境内へ。

DSC02860.jpg
すごい赤い杉。吉野杉なのかな?

DSC02858.jpg
超無防備なお賽銭箱。

DSC02868.jpg
ちょっと綺麗な池。
カワセミが居たり。写せなかった・・・・

DSC02856.jpg
本殿へ。

DSC02872.jpg
御神体。さすがに氷ではなかった。
まぁ、溶けるわな。

DSC02879.jpg
奈良のかき氷屋さんはきっとシーズン前に
ここにお参りに来るのかもと思いつつ
見学完了。
nice!(20)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

泥かけ地蔵 [Z900RSと1000km以上]

2018年12月、奈良に行った際に立ち寄った場所。

DSC02885.jpg
明徳元年(1390)南北朝時代のお地蔵様。
病気になった時、その病箇所にあたる
石仏の躰の部分に泥を塗り、病平癒の
祈祷をする。

治ったらその泥を洗い落としお礼参りをする。

DSC_8372.jpg
室町時代のブラック・ジャックや!

DSC02882.jpg
お地蔵様の前に到着。

DSC02883.jpg
スーパードクターなお地蔵様。
お代は泥を塗って洗い落とすだけ。

DSC02892.jpg DSC02893.jpg

頭とか首とか・・・
この辺りの病気は昔から多いのかも。

さすがの名医でも泥を塗れない所は
治せないので腰とかは無理なのかも。

DSC02888.jpg
この頃、耳の調子が悪かったので
治療をすることに(2ヵ月後回復)。

DSC02897.jpg
天理の山奥で、室町時代からたくさんの患者さんを
助け続けたんだろうなと思いつつ見学完了。
nice!(31)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

三瀬砦 [Z900RSと1000km以上]

2018年 11月下旬、三重に行った際に立ち寄った場所。

DSC02601.jpg
三重県指定史跡。

DSC02598.jpg
駐車場に到着。

DSC02599.jpg
三瀬砦の由来:
今から500年程前に築かれた城砦跡である。
城砦の範囲はおよそ2,500m²。

20150509_1112-2.jpg
来年できると言う、原宿 IKEAと同じ大きさ。

mise_toride_shuuhenn.jpg
当地は城砦の北側を通る旧熊野街道の宿場で
宮川の渡しや舟運もあり、さらに湯谷・相津
などの峠を越え飯高・一志・吉野に通じる
交通の要衝の地でもあり、軍事・経済的にも
重要な場所であった。

今や、山だらけだけど昔は都会!

DSC02602.jpg
早速、城内へ。

DSC02604.jpg DSC02611.jpg

井戸と八幡様。

DSC02605.jpg
今の時代だと生物兵器になるスギ。
目が、目が~。

DSC02617.jpg
砦の高台から。
曲者のバイクじゃ~。

DSC02621.jpg
孔明みたいな軍師が居たら砦内も
罠だらけだったんだろうなと
思いつつ見学完了。
nice!(33)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

大谷南無不動明王 [Z900RSと1000km以上]

2018年11月下旬、三重に行った際に立ち寄った場所。

DSC02627.jpg
DSC02622.jpg
駐車場に到着。

DSC02624.jpg
お不動さんの元へ。
毎年四月二八日は不動尊の命日で
餅撒き等の祭典が行われるとの事。

DSC02628.jpg
お不動さんの住む建屋に到着。
キャンプ場にある水場に見えるような。

DSC02633.jpg
大谷南無不動明王様。
「小さい」とか言ってはいけない・・・

DSC02632.jpg
お不動さんのそばには呪文が。

DSC_8291.jpg
長いだけに、かなり強力なじゅもんなのかも。

DSC02640.jpg
併設されている清滝の写真。

DSC02641.jpg
お不動さんから振り向くと清滝。
まさに写真に近い構図。
「小さい」とか言ってはいけない・・・

DSC02645.jpg
小さくても「大谷」なのできっとご利益も強力
と思いつつ見学完了。
nice!(28)  コメント(9) 
共通テーマ:バイク

大原の里 [Z900RSと1000km以上]

2018年12月、奈良に行った際に立ち寄った場所。

DSC02961.jpg
藤原鎌足(中臣鎌足)誕生の地。

DSC02957.jpg
里の前に駐車。
バイクだからなせる業・・・

DSC02974.jpg
天武天皇と鎌足の娘 藤原夫人との
間に交わされたと言う二首。

DSC02958.jpg
わが里に大雪降れり大原の古りにし里に落らまくは後
(わが里に大雪が降ったぞ。大原の田舎に降るのは後だろう)

わが岡の龗に言ひて落らしめし雪の摧けし其處に散りけむ
(私の住む岡の水の神に言いつけて降らせた雪なのに
なにを得意になっているだろう?)

天武天皇って弱かった・・・のかな?

DSC02962.jpg
里の奥の方へ。

DSC02968.jpg
鎌足が生まれたと言う産湯の井戸へ。

DSC02969.jpg
おぎゃー、おぎゃー!

soganoiruka.jpg
生まれながらにして、(蘇我)入鹿を消す方法を考えていたのかも。

DSC02972.jpg
のどかな田舎で生まれた男児が、その後1000年あまり
日本の社会に君臨する家を打ち立てるとは!

影響度を考えると実は、豊臣秀吉より成り上がり度
壮大度は大きいのではと思いつつ見学完了。
nice!(26)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク

小滝不動明王 [Z900RSと1000km以上]

2018年11月下旬、三重に行った際に立ち寄った場所。

DSC02543.jpg
DSC02551.jpg
国道42号線、荷坂峠近く。
停められそうな場所に駐車。

DSC02536.jpg
歩くこと 2,3分。到着。

DSC02538.jpg
入口近くにはお地蔵様が!
交通安全。

DSC02540.jpg
奥にある明王様の元へ。

DSC02547.jpg
明王様。「交通安全」。
入口のお地蔵様と同じ・・・とか言ってはいけない。

PB240081.jpg
明王様の隣には湧き水が!

PB240083.jpg PB240085.jpg

完飲ッ!
交・通・安・全。

DSC02556.jpg
紀勢道の無料区間が並走しているので廃れた道だけど、
実は昔は魔のカーブとして恐れられたのかな?
と思いつつ見学完了。
nice!(28)  コメント(5) 
共通テーマ:バイク

氣都倭既神社 [Z900RSと1000km以上]

奈良県道155号線、明日香村の神社。

DSC03041.jpg
DSC03035.jpg
ちょっとアクロバティックな場所に駐車。
早速、神社へ。

DSC03038.jpg
氣都倭既神社ともうこの森:
645年の大化の改新で中臣鎌足が飛鳥板蓋宮で
暗殺した蘇我入鹿の首に追われて、ここまで
逃げ込み「もう来ぬだろう」と言ったことに
由来する。鎌足が腰掛けた岩も残る。

DSC03042.jpg
鎌足はこの岩に腰掛けて「もう来ぬだろう」
と言ったけど・・・・

PC250005.jpg
PC250008.jpg
実際はこんなホラーな展開だったり。

DSC03054.jpg
腰掛け岩の下にあったお地蔵様。
かなりコケだらけ。

DSC03046.jpg
こっちは本殿。

DSC03049.jpg
蘇我入鹿の霊を鎮めるために建てられたのかも。

DSC03063.jpg
さすがに「バイクにはついて来ぬだろう」
と思いつつ見学完了。
nice!(29)  コメント(3) 
共通テーマ:バイク

大川八幡神社 [Z900RSと1000km以上]

10月上旬、大阪に行った際に立ち寄った場所。

PA080036.jpg
大阪府岬町の先、和歌山市。

PA080056.jpg
駐車場に到着。
早速、お参りへ。

PA080046.jpg
階段途中・・・・

PA080047.jpg
(゚д゚)ウマー。

PA080040.jpg
本殿。

PA080038.jpg
こちらは明治18年に移設された住吉神社との事。

PA080042.jpg
ご本尊様。

PA080044.jpg
こういう樹を見ると「嗚呼、南国に来たんだな~」
と思ってしまったり。

PA080050.jpg PA080054.jpg

敷地内に説明版とか無かったけど、大阪湾の近くで
「廻船海上安全」の灯篭があるので船にまつわる
神社なのかなと思ったり。

PA080055.jpg
船じゃないけど、バイクの安全(立ちごけとか事故とか)
を祈願し見学完了。

近くの堤防では釣り人さんがたくさんいたので
大漁祈願に参拝に来ている人も居るかも。
同時に釣れなくてスーパーに立ち寄っている釣り人も居るかも・・・
nice!(31)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

頭之宮四方神社 [Z900RSと1000km以上]

日本で唯一「頭之宮」と名付く神社との事。

DSC02561.jpg
DSC02558.jpg
広~い駐車場に到着。
早速、神社へ。

DSC02563.jpg
鳥居に到着。
尚、ここから先は下乗必須。

DSC02566.jpg
鳥居から先はこんな感じ。

DSC02572.jpg
由来:
御祭神は唐橋中将光盛卿(桓武天皇の後裔)。
昔、この神社のたもとを流れる唐子川の奥に
唐橋中将光盛卿の居城があったとの事。

ある日、村の子供達が唐子川で遊んでいると
川上より髑髏が流れてくるのを見つけ、それを
浮かべて遊んでいた。

その様子を見ていた老人が「不浄だ」と言って
子供達から髑髏を取り上げ、子供達をそのまま
家に帰してしまった。

その後、この老人は急に狂い始め、大声で
何事かを叫び始めた。

「予は唐橋中将光盛なり。子供と遊んでいたのに
この老人が邪魔しやがった。もし、余の髑髏を崇め
祀ったらゆるしてやろう」
村人達は恐れ、この髑髏を祀ったと言う。

DSC02575.jpg
本殿隣の、

DSC02576.jpg
頭之水、頭之石へ。

DSC02579.jpg
頭之石。俗にいう人面石。
石を撫でて、頭を撫でると効果的。

DSC02585.jpg
頭之水。

DSC02587.jpg
神社に住んでいるヒキガエルがモデルとの事。
神のカエルなので神蛙かんがえるとも。

DSC02583.jpg DSC02584.jpg

完飲ッ!
Kawasakiの聖杯を忘れてきたのでひしゃくで。
なんか、頭が良くなった気がする。
3.1415926535 8979323846 2643383279 5028841971・・・・

DSC02595.jpg
大学受験の時にここに来て水を飲んでいたなら
その後の人生も変わったんだろうなと思いつつ
見学完了。
nice!(30)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

銚子川 [Z900RSと1000km以上]

銚子川だけど千葉ではない!

PB240023.jpg
三重県。

DSC02508.jpg
DSC02505.jpg
銚子川のほとり。
近くの種まき権兵衛の里に駐車。

PB260006.jpg
"種まき権兵衛"と言われるぐらいなので
こんな人かな?と思ったら

DSC02509.jpg
馬越峠に出没していた大蛇を退治することになった権兵衛さん。
自慢の鉄砲で大蛇を仕留めたものの、権兵衛さんも蛇の毒で
帰らぬ人に。結構勇ましい人だった。

どの辺が種まきと関連があるのかわからなかったけど
公園内にある屋敷に行けば分かるかなと思い屋敷に
行くと・・・・・・・・・

PB260005.jpg
種モミ権兵衛さんがー!?

DSC02513.jpg
閉園中。
そりゃ、朝の7時前に空いている訳ないよな。

DSC02512.jpg
残念・無念・仕方ないか・・とか色々あったけど、
駐車場近くにある海山キャンプ場を
超えて銚子川の河辺へ。

DSC02514.jpg
直火禁止。

jikabikinnshi.jpg
焚火をするならこういう道具が
あると良いのかも。

DSC02518.jpg
銚子川。す、すげー。
山奥でもないのに透明感が!

DSC02522.jpg DSC02530.jpg

ここが某国営放送でやっていた、宙に浮く
カヌーが見られる場所か!

もちろん、気温4℃で07:00前にカヌーで
遊んでいる人は居なく・・・・。
み、見たかったー!

DSC02533.jpg
こんな川が千葉の銚子市にあったらキャンプや
カヌーにはまっていたんだろうなと思いつつ
見学完了。
nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

夜泣き地蔵 [Z900RSと1000km以上]

世界遺産 熊野古道 馬越峠にあるお地蔵様。

DSC02468.jpg
石積みの祠で、明治時代までは旅人の
無事を祈る石地蔵があったと言う。
やがて地区の人が子供の夜泣き封じを
祈って「夜泣き地蔵」と呼ぶようになった。

今も新しい哺乳瓶が備えられていると言う。

DSC02453.jpg
夜明け前、6:10に到着。
もしかしたら、泣いている姿が見られるかも。

DSC02459.jpg
「意外と近くじゃん」

DSC02456.jpg
と思いつつ、馬越峠へ。

DSC02462.jpg
やっべー。意外と暗い!

DSC02464.jpg
ライトON。

DSC02472.jpg
登ること約15分。
夜泣き地蔵に到着。

DSC02473.jpg
残念ながら泣いていなかった・・・・。
説明板通り、哺乳瓶はあった。

DSC02494.jpg
帰りは夜明け後の時間。
こんな道だったのか!

DSC02498.jpg
この道は、来年から天皇にあらせられる
皇太子様が行啓あそばされた道との事。

DSC02501.jpg
夜泣きの姿は見られなかったけど(時間的な問題かな)
旅の無事を祈ることができたので、まいっかと
思いつつ見学完了。
nice!(31)  コメント(5) 
共通テーマ:バイク

庭月観音 [Z900RSと1000km以上]

9月上旬、山形に行った際に立ち寄った場所。

DSC01350.jpg
DSC01347.jpg
駐車場に到着。

DSC01351.jpg
おかげさま門。

DSC01348.jpg
門の説明:
この山門を通り抜けるときは「おかげさまで・・・です」
と声を出して通り抜ける。

バイクの場合は、おかげさまで無事故です。

私たちは実に多くの「おかげさま」を受けて生かして
いただいているのです。すべては大自然の「おかげさま」
との事。

DSC01358.jpg
厄除け縄文水。
通常なら飲むのだけど、この日の雨で
すっかり飲む気力が無くなり。

DSC01364.jpg DSC01365.jpg

びんてんこ地蔵。

DSC01363.jpg
昔、子どもは両目のわきに髪の毛を
少し残しておった「びんてんこ」と言う。

bintenko.jpg
こ、これかー。

DSC01367.jpg
観音堂に続く山門。

DSC01368.jpg
仁王さまの足との事。

DSC01370.jpg
なんか怖い・・・・

DSC01374.jpg
龍だー。
びんてんこ小僧は乗っていなかった。

DSC01377.jpg DSC01379.jpg

聖観音立像様が安置されているお堂。
(多分、ご本尊かな?)

DSC01376.jpg
昭和50年大晦日のNHKゆく年くる年に出演した鐘。
「ゴーン」「ゴーン」

DSC01380.jpg
庭月観音=打ち止め寺の所以になった
光姫伝説の説明。

山形城主五代目のひとり娘、光姫は輝くような美しさ
であった。庭月領主大膳国景は光姫と結婚したくて
光姫の略奪に走った。ところが、二度とも失敗し
処刑されてしまった。光姫は自分の為に命を賭した
国景の霊を供養するためにこの庭月まで巡礼した
との事。光姫の涙で濡れた苔の中から一輪の花が
咲いたのであった。

この後、この行為は光姫の結願とあったけど、どうみても
死んだ国景の結願の様な気も・・・
略奪者なのに、命を賭してと言うストーリーも凄い。

DSC01390.jpg
地域で語られている(伝説の)物語と言って
も綺麗な話ばかりではないなと思いつつ
見学完了。
nice!(32)  コメント(6) 
共通テーマ:バイク

四ヶ村の棚田 [Z900RSと1000km以上]

9月上旬、山形に行った際に立ち寄った場所。

IMG_5165.jpg
DSC01287.jpg
駐車場に停車。

DSC01298.jpg
棚田の由来は・・・QRコードにて。

DSC01293.jpg DSC01294.jpg

棚田の全貌。

DSC01300.jpg
再現度高し!

DSC01309.jpg
棚田に植えられていた蓮(つぼみ)。

DSC01302.jpg
蓮(満開)。

DSC01308.jpg
蓮(種な状態)。
ちょっとグロテスク。

DSC01311.jpg
もう少し時期が後だったら
「その者蒼き衣(プロテクター入り)を纏いて金色の野に降りたつべし。」
になったんだろうな。と思いつつ見学完了。

ランランララランランラン。
nice!(28)  コメント(4) 
共通テーマ:バイク
前の20件 | - Z900RSと1000km以上 ブログトップ